2009年10月14日

流動性も視野に入れた株式投資を

多くの方が配当利回りや財務面などに目が行ってしまいがちだと思います野球
何か投資するのに良い株式の銘柄はないかな〜と会社四季報の無料版などを見ながら探すというのは王道の方法で私もやっていることではありますがペン

しかし、例えばPERが非常に割安な株があったとして、なぜ割安に放置されているのかを考えることって結構重要だったりもするんですよね
割安銘柄はいつ割高になるのかと、端的に申せばそういうことだったりしますわーい(嬉しい顔)

銘柄選択の一つとして大切なのが流動性、しっかりと市場に浮動株が流れていて買える量が十分な程確保されている銘柄でないと機関投資家などの大口から投資対象として外されることも多く、ベンチマークとして日経平均などがすごく上がっても、その株は財務や業績は良いのに全然上がらな〜いってことが起こったりします眠い(睡眠)

私はたまにSo-netの為替ブログを見たりするのですが、デザインも結構色々なのが揃っているようで、こっちのブログサービスに乗り換えるのも一考かもしれないと思い始めております。
seesaaもいいんだけれどね。
posted by 投資家A at 15:31 | Comment(0) | 東洋経済 会社四季報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。